総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 近畿総合通信局 > 電波環境 > 嘉門タツオのアカンで〜外国規格の無線機のうた −外国規格の無線機器にはご注意を−

嘉門タツオのアカンで〜外国規格の無線機のうた
−外国規格の無線機器にはご注意を−

交通広告用静止画

「嘉門タツオのアカンで〜外国規格の無線機のうた」 ラジオCM版

 

♪ アカンで〜
   外国規格の無線機〜

♪ 日本の規格とちゃうやつ
   つこたら アカンで〜

♪ 気ぃつけんと
   罰せられる 場合も あるで〜

♪ アカンで〜

外国規格の無線設備は日本国内で使うことは出来ません。

「嘉門タツオのアカンで〜外国規格の無線機のうた」 動画CM版

 

電波には、国際機関に各国が集まって、「この周波数は、どの国でも、○○に使うことにしましょう。」と決めているものがあります。それぞれの国が「どの周波数を」「何に使うか」という規格(利用のルール)を決めて使っているものもあります。

外国規格の無線機器とは、日本ではない国の規格に合わせて作られているものです。そのため、日本の規格に合っていないことが多くあります。

日本の規格に合っていないものを使うと、どうなるのでしょうか。気づかないうちに、テレビやラジオ、携帯電話などの身近なもののほか、警察無線や消防・救急無線、鉄道無線など私たちの安心・安全な生活を守るための無線通信(電波)に障害を与えてしまうかもしれません。

格好いいトランシーバーや、おしゃれなベビーモニター。プレゼントされたものでも、仕事先で渡されたものでも、それを使っている人が電波法違反の罪に問われます。

 

*** 外国規格の無線機器にはご注意を ***

 

「外国製無線機を使用する場合は技適マークを確認してください。」のページへ

ページトップへ戻る