総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 東北総合通信局 > 特定実験試験局に関するニーズ調査 〜特定実験試験局で使用する周波数等の要望をお聞かせください。〜

特定実験試験局に関するニーズ調査
〜特定実験試験局で使用する周波数等の要望をお聞かせください。〜

 特定実験試験局制度は、実験試験局(※)を開設して早期に電波を発射したいという要望に応えるため、平成16年度に制度化されたもので、予め公示された周波数を使用することにより、短期間で無線局免許を受けることができる制度です。大学や研究機関等は、この制度を活用して無線局を開設することにより、迅速に研究・開発を進めることができます。
 近い将来、実験や試験等のため無線局を開設しようとお考えの方は、別紙により周波数等の要望をお聞かせ下さい。

1.提出方法等

  【別紙】特定実験試験局開設要望書に必要事項を記入の上、Eメール、FAX又は郵送により送付してください。

2.提出及び問合せ先

 [東北総合通信局 無線通信部企画調整課]
   〒980−8795 仙台市青葉区本町3−2−23
   TEL:022−221−0702 FAX:022−221−0607
   メールアドレス:kikaku-toh_@_soumu.go.jp
   注:迷惑メール対策をしております。送信の際は、上記アドレス _@_ を @ に置き換えて送信してください。

(※)実験試験局
 科学若しくは技術の発達のための実験、電波の利用の効率性に関する試験又は電波の利用の需要に関する調査を行うために開設する無線局であって実用に供しないもの。

【別紙】:特定実験試験局開設要望書(Word:39KB)WORD (PDF:127KB)PDF
【参考】:特定実験試験局使用可能周波数(東北管内)[令和元年度版] (PDF:131KB)PDF

ページトップへ戻る