総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 東海総合通信局 > 当局のICT施策 > ケーブルテレビ網を活用したAMラジオ難聴地域解消のためのFM補完小電力放送システムの調査検討会

ケーブルテレビ網を活用したAMラジオ難聴地域解消のためのFM補完小電力放送システムの調査検討会

1 検討会の目的

 ラジオ放送は、非常災害時における最も基本的な情報伝達手段として非常に大きな役割が期待されていますが、未だ聴こえにくい地域があります。

 このような局地的なAMラジオの難聴地域の解消に、ケーブルテレビ網を活用したFM補完小電力放送システムが利用できれば、AMラジオ放送をFMラジオで鮮明に聴くことができ、難聴地域の解消に有効な手段となります。

 そこで、総務省東海総合通信局では、昨年8月から、ケーブルテレビ網を活用したAMラジオ難聴地域解消のためのFM補完小電力放送システムの調査検討会(座長:都竹 愛一郎(つづく あいいちろう) 名城大学理工学部教授)にその技術的な調査検討を委嘱してきたところです。

2 主な検討項目

  1. FM補完小電力放送システムの無線局の技術的条件
  2. FM小電力無線局の電界強度と音質の評価
  3. FM小電力無線局の混信検討
  4. サービスエリアの検討
  5. 実証実験による検証
  6. 今後の課題

3 検討会委員

ケーブルテレビ網を活用したAMラジオ難聴地域解消のためのFM補完小電力放送システムの調査検討会構成員

(氏名:順不同 敬称略)
表:調査検討会構成員一覧
氏名 所属・役職
都竹 愛一郎(つづく あいいちろう) 名城大学 【座長】 理工学部電気電子工学科 教授
辻 邦惠(つじ くにえ) 豊田市 企画政策部 企画課長
倉地 公彦(くらち きみひこ) ひまわりネットワーク株式会社 ソリューション部門担当取締役
山本 道生(やまもと みちお) 日本放送協会 名古屋放送局 技術部副部長
櫻井 正司(さくらい まさし) 株式会社CBCラジオ 総務部長兼技術部長
酒井 弘明(さかい ひろあき) 東海ラジオ放送株式会社 制作局次長兼技術部長
櫻井 修(さくらい おさむ) 株式会社エフエム愛知 執行役員技術部長
林 倫也(はやし みちなり) マスプロ電工株式会社 開発部 次長
高橋 博志(たかはし ひろし) シンクレイヤ株式会社 営業推進本部 4G課長
綾 美浩(あや よしひろ) 日本電気株式会社 放送・メディア事業部 放送第一システム部
林 康博(はやし やすひろ) 株式会社NHKアイテック 中部支社 営業部長
嶋田 喜一郎(しまだ きいちろう) 一般社団法人日本CATV技術協会 専務理事

4 関連報道資料

5 報告書

ページトップへ戻る