世界統計の日

2015年10月20日は「世界統計の日」です。

2015年10月20日を「世界統計の日」とすることが、本年6月3日の国連総会で決議されました。
世界共通の統計の日が定められるのは、2010年に続き2回目となります。また、今後は5年おきの10月20日を「世界統計の日」とすることが、併せて定められました。

2015年「世界統計の日」 ロゴマーク及び標語: 「より良いデータ より良い生活」

世界統計の日ロゴ
・なぜ「世界統計の日」を定めたのでしょう?
 グローバル化時代の今日、国際比較が可能な信頼できる公的統計データの必要性がますます高まっています。このことから、国内のみならず国際的に公的統計に対する理解を深めることを目的として、世界共通の統計の日を設けることになりました。    
(なお、日本は、従来、毎年10月18日を我が国の「統計の日」と定めています。)
 最初の「世界統計の日」は、多くの国において人口センサス(我が国の国勢調査にあたります)の実施年となっていた、2010年10月20日と定められました。

 


  ・どのような取組を行うのでしょう?
 国連は、今回の「世界統計の日」の決議に当たり、公的統計の作成者及び利用者を含め、世界各国や国際機関等において、この日を啓発するための取組を行うことを呼びかけています。また、国連のホームページには、世界各国での取組が随時掲載されています。詳しくはhttps://worldstatisticsday.org/blog/を御覧ください。

 

世界統計の日フォーラム2015の開催

 「世界統計の日」の周知・広報の一環として、12月4日、「すべての人のために、すべての人とともにある統計を目指して」をテーマとして「世界統計の日フォーラム2015」を開催しました。

 1.日    時  平成27年12月4日(金) 13時30分〜17時20分

 2.会  場  国際連合大学

 3.主催等  主 催  総務省
          協 力  国際連合アジア太平洋統計研修所(SIAP)
          後 援  国際連合広報センター(UNIC)

 4.参加者  国内の統計関係者(統計委員会委員、各府省統計担当者、統計調査員等)、
               各国及び国際機関の統計関係者等225
 

 5.プログラム及び配付資料

     
         開会 主催者挨拶
          古賀 篤 総務大臣政務官

         基調講演及び報告
         ・ ステファン シュワインフェスト 国際連合統計部長    
           国際統計を巡る好機と今後の課題 (仮訳)      (日)PDF   (英)PDF

         ・  西村 C彦 内閣府統計委員会委員長         
            インテリジェンスとしての統計                (日)PDF   (英)PDF 
       

         ・ 田家 修 総務省政策統括官
           我が国における公的統計に関する取組        (日)PDF   (英)PDF

         パネルディスカッション
         「すべての人のために、すべての人とともにある統計を目指して−国際・国内の視点から−」

         ・ 川崎 茂 日本大学経済学部教授(コーディネーター)     (日)PDF   (英)PDF

         ・ マルガリータ・ゲレロ 国際連合アジア太平洋統計研修所(SIAP)所長    (英)PDF

         ・ 千野 雅人 総務省統計局統計調査部長        (日)PDF   (英)PDF

         ・ 椿 広計 独立行政法人統計センター理事長       (日)PDF   (英)PDF
        

 
         ・ 田家 修 総務省政策統括官

         閉会挨拶
           笹島 誉行 総務省総務審議官      
 

ページトップへ戻る