免許証の再交付申請方法

 氏名に変更を生じたとき又は、免許証を汚したり、破ったり、紛失したときは、再交付が受けられます。
 なお、平成22年3月31日以前に交付された免許証(注 免許の年月日ではありません。)をお持ちの方で、氏名に変更を生じた方は、特例方式により訂正を行うことができますので、免許証の氏名訂正申請方法(特例方式)をご覧ください。

 再交付は、免許証の発給を受けた総合通信局または申請者の住所地を管轄する総合通信局(申請書の提出先)に申請を行ってください。

 関東総合通信局で発給した場合は、免許証の番号にAから始まる記号が記載されています。

    (例)ABFM12345

 申請に必要な書類等は、次のとおりです。

無線従事者免許証再交付申請書(1資格につき1通)

申請書の入手方法

  1. インターネットからダウンロードする方法
     総務省ホームページ(無線従事者免許申請書の様式)別ウィンドウで開きますからダウンロードできます。
  2. 申請用紙を購入する方法
    一般財団法人情報通信振興会別ウィンドウで開きます」で販売しておりますので、お問い合わせ下さい。
    • 〒170-8480
    • 東京都豊島区駒込2-3-10
    • 一般財団法人情報通信振興会
    • 電話:03-3940-3951

申請手数料

 資格に関係なく一律 2,200円 です。

 郵便局で販売されている収入印紙を申請書の所定の欄にしっかりと貼ってください。

 この場合、割印や消印は、絶対にしないでください。

写真1枚(免許証用の写真について)PDF

 申請の前6ヶ月以内に撮影した無帽、正面、上三分身(顔のみ不可)、無背景のものであって、縦30mm、横24mmの白ふちのないものです。

 写真裏面には、申請する資格、氏名を忘れずに記入してください。

無線従事者免許証

 氏名の変更、汚損、破損の場合に限ります。紛失したときは必要ありません。

免許証送付用封筒

 免許証が入る大きさの封筒(定形)に、必要額の返信用の切手を貼り、送付先の住所、氏名を記入したもの。

  なお、郵便事故による亡失を防ぐため、できる限り簡易書留等をご利用されることを推奨いたします。

  また、氏名の変更に伴う免許証の再交付を受ける場合は、次の書類が追加して必要となります。

氏名の変更の事実を証する書類

 この書類には、戸籍抄本、住民票の写し(写しとはコピーのことではありません。)、外国人登録済証明書などがあります(新氏名と旧氏名の両方が記載されているものに限ります。いずれもコピーされたものは不可。)。
 その他、記載方法等の注意事項については、電波利用ホームページを参照してください。

  電波利用ホームページ別ウィンドウで開きます 

ページトップへ戻る