総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 東北総合通信局 > e−東北テレコムトピックス > 北上川下流及び江合川・鳴瀬川総合水防演習防災展に出展

北上川下流及び江合川・鳴瀬川総合水防演習防災展に出展

令和4年6月6日

 東北総合通信局では、令和4年度の重点施策の一つとして「災害時における通信の確保と通信事業者間等の連携強化」を掲げ、災害対策用移動通信機器や移動電源車等の無償貸与について、県や市町村などに広く周知を行っています。

 この取組の一環として、5月29日に宮城県大崎市古川において開催された「北上川下流及び江合川・鳴瀬川総合水防演習(主催:北上川下流・鳴瀬川流域14市町村、宮城県、国土交通省東北地方整備局)」の防災展に参加し、衛星携帯電話等の災害対策用移動通信機器、可搬型電源設備、臨時災害放送局用機器等の展示を行いました。

 また、当局と同じブースにおいてNICTレジリエントICT研究センターの研究成果である、映像IoT技術の展示も行い、災害時に活用される通信システムについて紹介を行いました。

 防災展には20団体が出展し、会場には演習参加者、見学者を含め約1,500人が来場しました。当局のブースにも、一般の方をはじめ、地方自治体、防災関係機関の方々など多くの来訪者があり、特に自治体の職員の方からは、移動通信機器や臨時災害放送局用機器の貸与について、強い関心を頂きました。

 東北総合通信局は、非常災害時における情報通信確保のため、引き続き管内各地の防災・減災に取り組んでまいります。
訓練模様1
訓練模様子2
【展示ブースでの説明模様】

連絡先

 東北総合通信局
 防災対策推進室
 TEL 022-221-4333

ページトップへ戻る