総務省トップ > 政策 > 地方行財政 > 地方公営企業等 > 公営企業会計の適用

公営企業会計の適用

総務省では、地方団体が公営企業の経営基盤の強化や財政マネジメントの向上等にさらに的確に取り組むため、民間企業と同様の公営企業会計を適用し、経営・資産等の状況の正確な把握、弾力的な経営等を実現することを推進しています。

公営企業会計の適用の推進

Q&A集及びチェックリスト

公営企業会計適用後の会計業務に関するQ&A集及びチェックリストを作成しましたので、日々の会計処理、財務諸表の作成及び予算書の作成等に活用してください     Q&A集の使用上の留意点については前提のシートをご確認ください。
  • 公営企業会計における予算書作成チェックリスト(今後公表予定)
    ※冬頃公開予定
  • 公営企業会計における決算書作成チェックリスト(今後公表予定)
    ※冬頃公開予定

公営企業会計における電話相談体制

各都道府県のブロック毎にアドバイザーを登録していただき、小規模自治体が財務諸表等の作成等に関する質問や相談を該当アドバイザーにできる体制が整いました。 (留意点)
  1. アドバイザーは、これまでの経験や参考書等を活用し、回答できる範囲で対応してください。
  2. アドバイザーの就任期間の定めはありません。本来の業務に支障の無い範囲で助言をお願いしております。
  3. 各都道府県において独自で最適な方法で運用していただいて構いません。                         ※本体制構築以前の近隣市町村同士の繋がりも積極的に活用してください。
  4. アドバイザーリストの非公開情報については、各都道府県の市町村担当課にお問い合わせください。

地方公共団体の経営・財務マネジメント強化事業

公営企業会計の適用、日々の会計処理及び財務諸表の作成等について、公認会計士等から助言を受けることができますので、積極的に御活用ください。

公営企業会計適用の取組状況

 

公営企業会計の適用推進に係る支援

関係規程の改廃

地方公営企業法の適用に関する実務研究会

研究会ページへのリンク

ページトップへ戻る