よくある質問

質問1 電波や通信の知識はありませんが、採用後、技術的なことに対応できるでしょうか。

 当局は行政、技術系の試験区分にとらわれず人物本位の採用をしています。情報通信や無線通信の専門知識のない新規採用者を受け入れる体制として、情報通信政策研究所(東京都国分寺市)において1か月間の新規採用者研修があるほか、各種業務に直結した専門的な研修を20コース以上準備しています。

 また、経験豊富なベテラン職員が多く、これらの職員による強力なサポート体制が整っています。

質問2 勤務地はどこですか。

 当局は四国4県を管轄していますが、出先機関がないので松山市勤務となります。ただし、採用後3年目からの2年間は総務本省(東京)で勤務をしていただく機会があります。また、キャリアアップのため、本省での勤務を希望することも可能です。

質問3 勤務時間や休暇制度はどうなっていますか。

 勤務時間は8時30分から17時15分まで(休憩時間は12時から13時まで)です。休日は日曜日、土曜日及び祝日並びに年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)です。

 年次有給休暇は年20日間付与されます。年次有給休暇の未使用日数は20日を限度に翌年に繰り越すことができます。このほか病気休暇、結婚・産前・産後・忌引・夏季などの特別休暇、介護休暇、育児休業などがあります。

 また、総務省共済組合の組合員となり、各種助成制度や給付金制度を受けることができます。

質問4 採用人数はどのくらいですか。

 過去5年間の採用状況は以下のとおりです。採用者数は増加傾向にあり、女性の採用も増えています。

 
表:【採用年度と採用人数】
  行政 技術系 合計
平成28年度   1   1 2
平成29年度 2 1     3
平成30年度 1 2     3
平成31年度 1 1 1   3
令和2年度   2     2

質問5 採用後はどのような業務を経験できますか。

 本人の希望や、適性などを考慮して、より多くの部署での業務経験を積んでもらうことを目的に、おおむね2〜3年ごとに担当業務が変更となり、様々な部署を経験してもらいます。配属先や業務内容について、行政と技術系の区別はありません。

質問6 民間でいうところの社宅のようなものはありますか。

 松山市及び松前町に国家公務員宿舎が数箇所あります。入居条件が合えば貸与を受けることが可能です。

質問7 どのような手当がありますか。

 該当者に対して、扶養手当、通勤手当、住居手当等が支給されます。また、期末・勤勉手当(ボーナス)が年2回、合計で平均4.5か月分支給されます。

 住居手当については上限28,000円となっており、家賃が61,000円までは家賃の4割程度を支給できます。ただし、自宅の場合、住居手当の受給はできません。

質問8 出張はありますか。

 各種会議、無線局検査、電波監視、警察や海上保安庁との共同取締まり、電波環境の調査など、配属部署に応じて出張があります。四国を管轄しているので、基本的には四国管内ですが、他の地方総合通信局や総務本省への出張もあります。ただし、出張内容や頻度は配属部署により異なりますので一概には言えません。

質問9 仕事と育児を両立することができますか。

 女性職員の産前・産後休暇や男性職員の配偶者出産休暇のほか、子どもが3歳になるまで育児休暇を取得することができます。また、働きながら育児をするための勤務時間制度も用意されています。

(主な支援制度)

 休暇制度
  • 産前・産後休暇(出産する女性職員に与えられる)
  • 配偶者出産休暇(妻の出産時の付添い等を行う男性職員に与えられる)
  • 育児参加のための休暇(妻の産前産後期間中に男性職員に与えられる)
  • 保育時間(1歳未満の子を授乳や託児所等へ送迎する場合に与えられる)
  • 子の看護休暇(小学校就学までに子を看護する必要がある場合に与えられる)
 育児休業等
  • 育児休暇(子が3歳になるまで一定期間休業を認める)
  • 育児短時間勤務・育児時間(正規の勤務時間より就業時間を短くできる)

質問10 レクリエーション活動はありますか。

 野球、テニス、マラソン、バスケットボールなど、休日に有志で集まり、和気あいあいと楽しみながら活動しています。

ページトップへ戻る