総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 信越総合通信局 > 電波環境の保護 > 電波規正用無線局とは? 〜違反している無線局に電波で直接警告します〜

電波規正用無線局とは?
〜違反している無線局に電波で直接警告します〜

 信越総合通信局では、「特別業務の局」として、電波の規正に関する通報を送信する無線局(以下、規正用無線局という。)の運用を行っています。
 規正用無線局は不法・違法に運用されている無線局に対して、直接「警告・注意」を行うことによって、違反している人に法律に違反していることを自覚してもらい、電波の発射を停止することや正しいルールに基づいた無線局の運用を指導しています。

 たとえば、このような時に規正用無線局から電波を発射します。
  • 周波数などから明らかに不法無線局であると認識された場合
  • アマチュア無線で10分以上呼出符号(コールサイン)が送信されていない場合
  • アマチュア無線で周波数使用区別(バンドプラン)の違反がある場合   →アマチュア無線周波数使用区別については、こちらをご覧ください。
 規正用無線局から規正を受けた場合には、直ちに違法な電波の発射を停止してください。
 また、無線局の免許を取得していない場合には、直ちに無線局の運用をやめて、無線設備を撤去してください。
 規正用無線局の概要は、次のとおりです。
 
呼出名称 周波数 送信時刻
でんかんきせいながのかはん10 27.9375MHz 常時
でんかんきせいながのかはん20 52MHz 常時
でんかんきせいながのかはん30 156MHz 常時
でんかんきせいながのかはん40 420MHz 常時
でんかんきせいながのかはん50 455MHz 常時
でんかんきせいながのかはん60 901.5MHz 常時
でんかんきせいながのかはん80 146MHz及び440MHz 常時
でんかんきせいながのかはん90 156MHz及び435MHz 常時
連絡先 : 信越総合通信局無線通信部 監視調査課 電話 : 026-234-9996
デンパ君の画像

ページトップへ戻る