総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 東北総合通信局 > 電波環境 > 不法無線局対策【不法市民ラジオ】

不法無線局対策【不法市民ラジオ】

不法市民ラジオ 〜テレビやラジオを妨害

車載用のCB無線は、国内での使用は認められていません。
電波が発射可能な状態にあれば電波法違反となります。

不法CB無線機と高出力増幅器

 当初、不法CB無線機は、アメリカ輸出用に製造されていました。しかし、昭和52年にアメリカの規格が変更されたため、大量の在庫を抱えた一部のメーカーが逆輸入し、国内市場に流通させました。
 当時の日本では、合法CB無線機の使用は認められていましたが、ハンディタイプで車載においての利便性が悪かったこと等から、合法CB無線機に比べ、大きな電力、多チャンネルの不法CBが大量に販売されることとなり、現在に至っています。
 しかし、不法CB無線から発射される電波は、日本国内で使用するテレビやラジオの受信や船舶無線に妨害を与えたり、最近では高出力の電波により、ストーブの電子回路を誤作動させ、火災を引き起こした事例も発生しています。

こんなアンテナが不法無線局です

不法CB無線機(カモフラージュ)

 不法CBアンテナの最大の特徴は、コイルを巻いてあるという事です。最近は擬装されたCBアンテナが増えてきています。
 パーソナル無線アンテナに見せかけた物(写真右から2番目の白いもの)やコイルを根元に小さく付けて、アマチュア無線アンテナに見せかけたものなども、出回るようになりました。
 多くは、長距離トラック等に取り付けてあるものが大半を占めます。

トラックに設置された不法CB無線のアンテナの一例

合法CB無線と不法CB無線

  合法局 不法局
周波数 27MHz帯8波の発射が可能 27MHz帯で9波以上の発射が可能
送信出力 0.5W以下 無線機本体で5W程度
電力増幅器を使用したものは、1000W以上
その他
  • ハンディータイプのみ。
  • 技術基準適合証明マーク(認証マーク)がある。
  • 車載又は固定型。
  • 技術基準適合証明マーク(認証マーク)がない。
  • 変調を聞くためのイヤホンを付けていることがある 。

ページトップへ戻る