適格電気通信事業者のユニバーサルサービス収支

 ユニバーサルサービス制度の発動には、その前年度のNTT東西のユニバーサルサービス収支に赤字が発生することが条件です。
 2019年度の収支は、図のように、NTT東日本が約240億円の赤字、NTT西日本が約333億円の赤字となったため、ユニバーサルサービス制度に基づき、補填がなされることになります。
 なお、補填額は、赤字額を超えないことが法令で定められています。

ページトップへ戻る