トピックス

2020年のトピックス一覧

日本トランスオーシャン航空株式会社に対して無線設備等保守規程の認定書を交付 令和2年4月1日

日本トランスオーシャン航空株式会社に対して無線設備等保守規程の認定書を交付 ※写真をクリックすると、別ウィンドウで開きます
  総務省沖縄総合通信事務所は、日本トランスオーシャン航空株式会社から申請のあった航空機局の無線設備等保守規程の認定申請について、令和2年4月1日、認定書を交付しました。
     
詳細はこちら(報道資料にリンク)別ウィンドウで開きます


※写真をクリックすると、別ウィンドウで開きます。
  

「医療分野における電波の安全性等に関するセミナー・勉強会」を開催 令和2年2月23日

「医療分野における電波の安全性等に関するセミナー・勉強会」を開催 ※写真をクリックすると、別ウィンドウで開きます
  総務省沖縄総合通信事務所は、2月23日(日)、石垣港離島ターミナル会議室において、沖縄地域の医療機関における電波利用推進協議会との共催で、医療分野において基盤的インフラとして用いられている電波を、より安全かつ便利に利用していただくことを目的に「医療分野における電波の安全性等に関するセミナー・勉強会」を開催しました。   
  セミナーでは、講演1として国立大学法人佐賀大学理工学部情報部門 花田英輔 教授から「医療への無線通信導入に関する諸問題とその対策〜無線LANを中心に〜」、講演2として医療法人沖縄徳洲会南部徳洲会病院臨床工学部 赤嶺史郎 技士長から「当院における電波管理体制と実際の電波トラブル事例」、及び日本光電工業株式会社九州支店医療圏営業二部沖縄営業所 伊波行斗 氏から「医療機関における電波環境調査方法」と題した共同講演がありました。講演1では、医用テレメータや無線LANなど電波利用機器の院内管理の方法、使用予定場所での建築部材等の把握や電波到達範囲の事前設計の重要性、無線LAN活用実例など、具体事例を交えながら説明が行われ、講演2では、JCI認証更新に伴う心電図モニタリング(医用テレメータ)体制整備を含めた院内電波利用環境の改善の取組と、医用テレメータにおける電波強度測定試験の説明・実演が行われました。
  会場には、開催地所在の医療機関関係者6名の参加があり、講演を受けての勉強会では、各医療機関での問題意識の状況や、組織的に対応を協議し対策を具体化する重要性などについて意見交換が行われました。
  「沖縄地域の医療機関における電波利用推進協議会」では、地域のネットワークを活用した医療機関における電波利用に関する情報の周知や人材育成などに平成29年度から取り組んでおり、引き続き「説明会・セミナー」や「関係行事等への専門家派遣」などに取り組みます。

     ※写真をクリックすると、別ウィンドウで開きます。
 

「コンテンツ海外展開施策説明会」を開催 令和2年2月12日

「コンテンツ海外展開施策説明会」を開催 ※写真をクリックすると、別ウィンドウで開きます
  総務省沖縄総合通信事務所は、経済産業省、外務省、農林水産省、観光庁等との共催で、令和2年2月12日(水)、那覇市内において、「コンテンツ海外展開施策説明会」を開催しました。
  本セミナーは、放送コンテンツの海外展開に関する支援事業や施策等について関係機関からの周知を図るとともに、コンテンツの制作や発信に関する様々なプロジェクトの国際展開を強化・支援することを目的に開催されました。
  セミナーでは、総務省情報流通行政局より施策説明が行われたほか、経済産業省、外務省、農林水産省、および一般社団法人放送コンテンツ海外展開促進機構(BEAJ)の各説明者より、 関連する支援策や海外展開への取り組みについての紹介が行われました。
  説明会は、放送事業者やコンテンツ作成関係者など、20名を超える参加者がありました。

     ※写真をクリックすると、別ウィンドウで開きます。
 

「工場向けワイヤレスIoT講習会 in 沖縄」を開催 令和2年2月4日

「工場向けワイヤレスIoT講習会 in 沖縄」を開催 ※写真をクリックすると、別ウィンドウで開きます
  総務省沖縄総合通信事務所は、2月4日うるま市において、工場等の製造現場における実務担当者・管理者等を対象にIoT機器等の電波利用に係る知識及び技術の取得を目指して、「工場向けワイヤレスIoT講習会 in 沖縄」を開催、企業及び官公庁等から、20名の参加がありました。
  講習会前半では、ワイヤレス化・IoT化の意義や無線の基礎知識を分かりやすく解説し、どのように導入し、活用すべきかを事例を紹介しながら説明が行われました。
  また、後半では、参加者がスペクトラムアナライザを用いて、通信混雑時に電波がどのように変化するのか測定で確かめたり、IoT機器を端末に接続して実際にプログラミングを行い、センサからの情報を画面上に表示させたり、本格的な実機体験も行われ、IoTの活用法について実感していただくことができました。

     ※写真をクリックすると、別ウィンドウで開きます。
 

「令和元年度地域ICT/IoT実装推進セミナーin沖縄」を開催 令和2年1月29日

令和元年度地域ICT/IoT実装推進セミナーin沖縄」を開催 ※写真をクリックすると、別ウィンドウで開きます
  総務省沖縄総合通信事務所および沖縄情報通信懇談会は、1月29日(水)、沖縄県産業支援センターにおいて、「令和元年度地域ICT/IoT実装推進セミナーin沖縄」を開催しました。
  はじめに基調講演として、第5世代モバイル推進フォーラム事務局長の大村 好則 氏より、「5Gの概要とそのユースケースについて」と題して、第5世代移動通信(5G)の特徴や取り組み状況、および第5世代モバイル推進フォーラムの活動について講演されました。
  次に、沖縄総合通信事務所 渡邉 博文 情報通信課長より沖縄管内における施策の紹介としてローカル5G開発実証を中心とした説明、一般財団法人沖縄ITイノベーション戦略センターの明石 信宏 氏より、県内のオープンデータの取り組み等について報告がありました。
  3点目として、「IoT×農水産業」をテーマにICT/IoTを活用した先進事例として以下の2件が紹介されました。
 1.長野県小谷村の細澤 恵一 氏および田口 真吾 氏より、人口減少に歯止めをかけるためのさまざまなICT/IoTを活用した取り組みの紹介。
 2.株式会社くみき取締役営業部長の玉城 豊 氏並びに、IoTビジネス推進コンソーシアム沖縄理事長の新田 哲也 氏より、県内の農水産業分野をはじめとしたICT/IoT実装の導入事例および取り組み事例。
  講演の後、3つのグループに分かれて意見交換会が行われ、各講演者への質問や、ICT/IoTの導入に対するメリットや課題等について、各講演者および参加者が活発に議論し、理解を深めていました。
  会場には、農業および水産業関係者や地方公共団体、情報通信関係企業など約70名の参加者が熱心に聴講し、意見交換も活発に行われ、関心の高さがうかがえました。

     ※写真をクリックすると、別ウィンドウで開きます。
 

ページトップへ戻る