総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 北海道管区行政評価局 > 情報公開・個人情報保護総合案内所

情報公開・個人情報保護総合案内所

情報公開制度〜公正で民主的な行政の推進のために〜

 誰でも、国の行政機関や独立行政法人等に対して、その機関が保有している行政文書・法人文書について、開示を請求することができます。
 総合案内所では、情報公開制度の仕組み、開示請求手続等について案内しています。
 また、これら機関が整備している行政(法人)文書ファイル管理簿を検索することができます。

個人情報保護制度〜個人の権利利益を保護するために〜

 個人情報の不適正な取扱いによる個人の権利利益の侵害を未然に防止するため、国の行政機関・独立行政法人等が個人情報の取扱いに当たって守るべきルールがあります。
 また誰でも、国の行政機関や独立行政法人等に対して、その機関が保有している自分の個人情報について、開示を請求することができます。
 総合案内所では、個人情報保護制度の仕組みや開示請求手続等について案内しています。
 さらに、これら機関が整備している個人情報ファイル簿を検索することができます。

情報公開・個人情報保護総合案内所の連絡先(受付時間8:30〜17:15)

情報公開・個人情報保護総合案内所における当面の対応について

 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、北海道管区行政評価局の情報公開・個人情報保護総合案内所は、11月10日(火)から当面の間、対面でのご相談は中止させていただきます。

 函館・旭川・釧路行政監視行政相談センターでは、対面でのご相談が可能ですので、対面でのご相談をご希望される場合、次の感染防止対策にご理解・ご協力をお願いします。
  ・ マスクの着用(職員もマスクを着用し応対します。)、手指の消毒にご協力ください。
  ・ 相談室への入室は、同伴者を含め2名までとします。
  ・ 相談窓口で関係者から感染者が発生した場合に備え、ご相談される方のご連絡先をお聴きします。
    (感染経路の特定などのため、保健所等の公的機関に情報提供する場合がありますので、ご了承ください。)
  ・ 相談時間は原則15分、延長しても30分を限度とします。
  ・ 飛沫防止のため、必要以上の大声はお控えください。
  ・ 息苦しさ、強いだるさ、発熱やせきなど風邪の症状がある場合、対面でのご相談をご遠慮ください。
    (検温へのご協力をお願いします。)

※ 感染拡大状況によっては、対面でのご相談を再び中止する場合があります。

 相談については、次の方法でも受け付けていますので、感染拡大防止のため、対面以外の相談方法をできる限りご利用ください。
北海道管区行政評価局
⇒対面相談中止
函館行政監視行政相談センター
⇒対面相談可
旭川行政監視行政相談センター
⇒対面相談可
釧路行政監視行政相談センター
⇒対面相談可

ページトップへ戻る