総務省トップ > 組織案内 > 地方支分部局 > 信越総合通信局 > 広報資料 > INFO・NET信越 Vol.119 (平成25年12月5日発行)

INFO・NET信越 Vol.119 (平成25年12月5日発行)

News1:「公共情報コモンズ」と災害情報プラットフォームの利用に関する手引き(第三版)を公表

 信越総合通信局では、平成25年6月25日に「防災・減災のための放送ネット利用行動計画(第三次)」と「「公共情報コモンズ」と災害情報プラットフォームの利用に関する手引き(第二版)」を公表しましたが、「「公共情報コモンズ」と災害情報プラットフォームの利用に関する手引き」については、Yahoo!JAPANが本年8月22日からPCやスマートフォンへの避難情報の配信開始に伴う現行化をし、平成25年12月5日に第三版として公表しました。

 主な変更点は以下のとおりです。
(1) 長野県の「公共情報コモンズ」の参加市町村が35市町村となりました。
(2) 「公共情報コモンズ」参加状況と地域区割り図(長野県)を修正しました。
(3) 「公共情報コモンズ」利用と災害情報プラットフォーム利用にYahoo!JAPANが本年8月22日からPCやスマートフォンへの避難情報の配信を開始している旨掲載しました。
(4) 長野県内及び新潟県内の災害情報フローの現状と今後のフロー図を、それぞれ現行化しました。
(5) Q&A集に、情報伝達者としてNHKはデータ放送で、また、Yahoo!JAPANはスマートフォン等へ配信する旨明記しました。
(6) Q&A集に、Yahoo!JAPANの配信内容及び閲覧方法を記載しました。

 「公共情報コモンズ」と災害情報プラットフォームの利用に関する手引き(第三版)」PDF

 「公共情報コモンズ」へ入力した避難情報等は、迅速、正確かつ確実に放送事業者、新聞社のみならず、近隣の市町村にも発信されます。このため、地域を越えた通勤圏及び生活圏における情報伝達が可能となるため、災害時の被害の軽減にもつながります。
 信越総合通信局では、引き続き行動計画への参加と、「公共情報コモンズ」への加入を呼びかけ、行動計画参加者の自助、共助による防災・減災対策の推進に努めて参ります。

< 参考 >
「防災・減災のための放送・ネット利用行動計画」のページ
http://www.soumu.go.jp/soutsu/shinetsu/sbt/bousai/bousai.htm

連絡先

防災対策推進室
電話 026-234-9961

News2:−9GHz帯船舶用固体素子レーダー調査検討会−
       報告書を取りまとめ、信越総通局長に提出

【実施日】  平成25年11月25日(月) 15時15分から16時30分
【実施場所】 メルパルク長野(長野県長野市)
【実施概要】
 11月25日、「9GHz帯船舶用固体素子レーダーの周波数共用等に関する調査検討会(座長 山田寛喜 新潟大学教授)」第3回会合(最終回)が開催されました。

 本調査検討会は、9GHz帯の周波数の電波を用いた船舶用レーダーに新たな技術(固体素子)の導入を検討するにあたり、従来のマグネトロン方式のレーダーへの干渉の有無や、国際条約に基づいた信号が正常に表示されるか否かなどについて、実環境での実験を通してデータを取得・評価することを目的としたものです。
 実験は9月に新潟県上越市の有間川河口付近で実施、レーダー設備(8台)、漁船(6隻)、高所作業車(3台)などを使用し、1週間あまりの期間をかけた大規模なもので、その結果、本実験の条件下においてはマグネトロンレーダーとの共存が可能であることを確認しました。
 固体素子レーダーが実用化されると、主要部品の定期交換(マグネトロンレーダーを長期連続運用する船舶の場合、約1年ごとのマグネトロン交換が必要)を必要としないことによるランニングコストの大幅な削減や、固体素子レーダーの普及が進むことによる小型化・低価格化などが期待できます。また、周波数安定度の向上や不要電波の輻射が低減されるなど、電波利用環境の向上においても大きなメリットがあります。

 検討会は当該実験結果及び報告書について審議、承認された報告書は、同日、山田座長から黒瀬局長に提出されました。

第3回会合の様子

報告書(案)を審議

山田座長から黒瀬局長に報告書を提出

< 参考 >
●調査検討会の開催趣旨及び背景(6月6日付け報道資料)
 http://www.soumu.go.jp/soutsu/shinetsu/sbt/hodo/130606.html
●報告書を取りまとめ、信越総通局長に提出(11月25日付け報道資料)
 http://www.soumu.go.jp/soutsu/shinetsu/sbt/hodo/131125.html
●第1回検討会の概要(6月21日発行のINFO・NET信越 Vol.102)
 http://www.soumu.go.jp/soutsu/shinetsu/sbt/infonet/infonet102.html#News2
●第2回検討会の概要(8月9日発行のINFO・NET信越 Vol.108)
 http://www.soumu.go.jp/soutsu/shinetsu/sbt/infonet/infonet108.html#News1

連絡先

企画調整課
電話 026−234−9940

News3:第83回よみうりアワードにおいて総務大臣賞を授与

【実施日】   平成25年11月14日(木)
【実施場所】 読売新聞社長野支局(長野県長野市)
【実施概要】
 平成25年11月14日、読売新聞社長野支局において、第83回よみうりアワード表彰式伝達式が行われ、信越総合通信局管内で5名の方に総務大臣賞が授与されました。
 総務大臣賞の部門別では、世界部門で2名、全日本部門で4名の方(うち1名は両部門を受賞)がそれぞれ受賞され、信越総合通信局高橋無線通信部長より表彰状が手渡されました。
 「よみうりアワード」は、読売新聞社においてアマチュア無線家の活動を支援しその健全な発展に寄与するため、「世界1万局よみうりアワード」と「全日本一万局よみうりアワード」を昭和44年に制定したもので、世界部門では世界のアマチュア無線局1万局との交信を、また全日本部門では日本国内のアマチュア無線局1万局との交信を達成したアマチュア無線家に贈られます。
 今回の表彰状伝達式は、平成16年以来の開催となり、全国6か所の読売新聞施設でそれぞれ開催され、前回の表彰から今日までの間の世界一万局よみうりアワードの達成者18名が、また全日本一万局よみうりアワードの達成者43名がそれぞれ表彰されます。
 総務省は、今後ともアマチュア無線の健全な発展に向けて各種の活動等を支援、協力していきます。

高橋無線通信部長より表彰状を授与

受賞者に祝辞を述べる高橋無線通信部長

連絡先

陸上課
電話 026-234-9944

ページトップへ戻る