発足20周年記念シンポジウム

電気通信紛争処理委員会発足20周年記念シンポジウム
〜デジタル新時代に向けて:事業者間調整の最前線〜

 電気通信紛争処理委員会は、令和3年、発足20周年を迎えました。今後、事業者間の紛争のさらなる高度化・複雑化が見込まれる中、この機会をとらえ、情報通信分野における紛争処理制度(あっせん・仲裁等)について、その意義や効果、今後期待される役割等に関し、議論を深め、改めて、その理解増進・利用促進を図ることを目的にシンポジウムを開催しました。

 当日の動画はこちらです。
総務省 電気通信紛争処理委員会発足20周年記念シンポジウムの動画が別ウインドウで開きます

※動画掲載は、令和4年12月末までを予定しています。
※当日の講演資料等は下記「プログラム」からご覧いただけます。
※音声の文字データはこちらPDFです。

開催概要

1.開催日時

令和3年12月24日(金)14:30〜17:20

2.開催方法

オンライン開催(Zoomウェビナー)
※Zoomウェビナーの視聴環境がない場合はYouTubeライブで視聴可能。

3.主催等

  • (1)主催
    総務省電気通信紛争処理委員会
  • (2)協力
    一般社団法人テレコムサービス協会
    一般社団法人電気通信事業者協会
    一般社団法人日本インターネットプロバイダー協会
    一般社団法人日本ケーブルテレビ連盟
    一般財団法人日本データ通信協会

4.プログラム

開会

14:30〜

開会挨拶
金子 恭之 総務大臣

第1部

14:35〜(35分)

基調講演(1)「Society 5.0と情報通信」
五神 真 氏
(東京大学大学院理学系研究科教授・前東京大学総長)

資料はこちらPDF

15:10〜(20分)

基調講演(2)「電気通信紛争処理委員会の実績と今後果たすべき役割」
田村 幸一 委員長
(弁護士・元高松高等裁判所長官)

資料はこちらPDF

15:30〜(30分)

個別講演(1)「情報通信分野における紛争処理の実態〜あっせん手続を中心に〜」
小野 武美 委員
(東京経済大学経営学部教授)

資料はこちらPDF

16:00〜(20分)

個別講演(2)「モバイル市場におけるMNOとMVNOとの事業者間協議について」
関口 博正 氏
(神奈川大学経営学部教授)

資料はこちらPDF

第2部

16:30〜(45分)

パネルディスカッション
「5G時代におけるMVNOビジネスモデル/委員会に期待される役割」

テーマ(1)
5G時代におけるMVNOのビジネスモデルとMNO・MVNO間の構造的な紛争要因・解決策

テーマ(2)
市場動向を踏まえた紛争処理の将来ビジョンと今後委員会に期待される役割

【モデレータ】
小塚 荘一郎 委員
(学習院大学法学部教授)
【パネリスト】
大谷 和子 氏
((株)日本総合研究所執行役員法務部長)
島上 純一 氏
((一社)テレコムサービス協会副会長MVNO委員会委員長)

資料はこちらPDF

三尾 美枝子 委員
(弁護士)
山ア 拓 氏
((株)NTTドコモ常務執行役員経営企画部長)

資料はこちらPDF

閉会

17:15〜

講評・閉会挨拶
荒川 薫 委員長代理
(明治大学総合数理学部長・教授)

 

パンフレット

パンフレットのPDFが開きます パンフレットはこちらです。

なお、開催に係る報道資料は以下のとおりです。
https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01shingi02_153347.html

ページトップへ戻る