行政相談とは

行政相談とは
 総務省の行政相談は、国の行政全般について苦情や意見・要望を受け付け、担当行政機関とは異なる立場から関係行政機関に必要なあっせんを行い、その解決や実現の促進を図るとともに、それを通じて行政の制度や運営の改善を図るものです。

 国・独立行政法人・特殊法人等の仕事、手続、サービス等について、
  • 関係行政機関の説明や措置に納得できない
  • どこに相談すればよいのかわからない
  • 行政の制度や仕組みに問題があるのではないか
 など、お困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

 行政相談広報用DVDの動画を「YouTube」に配信しています。  政府インターネットテレビで行政相談制度を紹介しています!別ウィンドウで開きます(クリックで政府インターネットテレビにリンク)

CONTENTSに戻る

行政相談窓口の愛称等
 総務省行政評価局では、行政相談を国民の皆様にとって親しみやすく利用しやすいものとするため、行政相談窓口の愛称を「きくみみ」とすることとし、ロゴとマスコット(キクーン)を決定しました。PDF
 これに伴い、徳島行政監視行政相談センターの行政相談窓口の愛称は、「きくみみ徳島」となりました。
(画像)きくみみ徳島のバナー

CONTENTSに戻る

行政相談委員について
 皆様のお住まいの市町村には、行政相談委員法に基づき、総務大臣から委嘱された行政相談委員がいます。
 皆様の相談相手として、行政サービスに関する苦情、行政の仕組みや手続に関する問い合わせなどの相談を受け付けたり、その解決のための助言や関係行政機関に対する通知などを行うため、無報酬で以下のような仕事をしています。
 行政相談委員は、市町村役場や公民館等の公共施設などにおいて、定期的に相談所を開設しています。
 徳島県内の行政相談委員(64人)が定期的に開設している定例行政相談所の開催日時等に関する詳細については、「行政相談の受付窓口」のページをご覧ください。
 行政相談委員は、行政相談委員法第4条に基づき総務大臣に対して、業務の遂行を通じて得られた行政運営の改善に関する意見を述べることができます。
 この制度は、民生委員や人権擁護委員等にはなく、行政相談委員に特有のものです。
行政相談委員意見を反映した行政運営の改善事例はこちらPDF

CONTENTSに戻る

行政苦情救済推進会議
 四国行政評価支局では、国の行政に関する苦情事案の処理に当たり、民間有識者の意見を反映させることにより、国民的立場に立った効果的な解決を促進するため、「四国地域行政苦情救済推進会議」を開催しています。
 推進会議の詳細はこちら(四国行政評価支局のページにリンク)

CONTENTSに戻る

ページトップへ戻る