係属事件一覧

 公害等調整委員会における係属事件一覧を掲載しています。
 公害紛争処理事件、鉱区禁止地域指定請求事件、鉱業等に係る行政処分に対する不服裁定申請事件について、現在係属している事件、終結等した事件をお知らせします。

新しい動き

事件の受付

葛飾区における解体工事に伴う騒音・振動・悪臭による健康被害責任裁定申請事件を令和6年6月20日に受け付けました。

 本件は、被申請人(建物解体会社)が行った申請人ら宅の至近距離にある家屋の解体工事により、申請人らは、睡眠ができないほどの騒音、物が落下する程度の振動及び建材等のものと思われる悪臭の被害を受け、また、疾病療養が妨害されるだけでなく、血圧の上昇、動悸、睡眠不足、照度不足等の受忍限度を超える被害及び精神的苦痛を受けたとして、被申請人に対し、慰謝料として損害賠償金合計90万円の支払を求めるものです。

東大阪市における飲食店からの低周波音による健康被害責任裁定申請事件を令和6年4月26日に受け付けました。

 本件は、申請人の自宅兼店舗の隣に所在する被申請人が経営する店舗に設置されている換気扇及びダクトから発生する低周波音により、申請人は、耳鳴り、耳籠り、頭痛、首から上の腫れ及びしびれを感じ、低周波音を感じる場所では眠ることができず、その後、うつ病を発症して心療内科・精神科に通院し、抑うつ神経症と診断されるなど、精神的・肉体的苦痛を被ったとして、被申請人に対し、慰謝料等として損害賠償金440万円等の支払を求めるものです。

横浜市におけるクリーニング店からの悪臭被害責任裁定申請事件を令和6年4月19日に受け付けました。

 本件は、被申請人(クリーニング店経営者)が申請人宅の南側にクリーニング業を営むために化石燃料を焚くボイラーを設置し、稼働させ、排気ガスによる悪臭を発生させたことにより、申請人は、長きにわたり日常生活において悪臭による苦痛を与えられ、コロナ禍では必要な換気ができず、エアコンのための電気代もかさんだとして、被申請人に対し、慰謝料等として損害賠償金33万円の支払を求めるものです。

事件の終結

鳥栖市におけるごみ処理施設からの大気汚染被害防止調停申請事件が令和6年6月12日に終結しました。

 令和5年11月8日に受け付けた、鳥栖市におけるごみ処理施設からの大気汚染被害防止調停申請事件について、令和6年6月12日、調停委員会は、当事者の主張や考え方に隔たりが大きく、今後調停を継続しても当事者間に合意が成立する見込みがないと判断し、公害紛争処理法第36条第1項の規定により調停を打ち切り、本事件は終結しました。

神奈川県葉山町におけるヒートポンプ設備からの低周波音による健康被害原因裁定申請事件が令和6年6月7日に終結しました。

 令和4年11月15日に受け付けた神奈川県葉山町におけるヒートポンプ設備からの低周波音による健康被害原因裁定申請事件は、令和6年6月7日に、本件申請を却下するとの決定を行い、終結しました。

江東区における工場からの化学物質排出に伴う大気汚染による財産被害責任裁定申請事件及び同原因裁定申請事件が令和6年6月3日に終結しました。

 令和4年9月29日に受け付けた江東区における工場からの化学物質排出に伴う大気汚染による財産被害責任裁定申請事件及び同原因裁定申請事件は、令和6年6月3日に、本件申請をいずれも却下するとの決定を行い、終結しました。

公害紛争処理制度

鉱区禁止地域指定制度

鉱業等に係る行政処分に対する不服裁定制度

ページトップへ戻る