総務省トップ > 政策 > 地方行財政 > 地域力の創造・地方の再生 > 分散型エネルギーインフラプロジェクトの推進について

分散型エネルギーインフラプロジェクトの推進について

 総務省では、地方公共団体を核として、需要家、地域エネルギー会社及び金融機関等、地域の総力を挙げて、バイオマス、廃棄物等の地域資源を活用した地域エネルギー事業を立ち上げるマスタープランの策定を支援する分散型エネルギーインフラプロジェクトを展開しています。策定段階から事業化まで、関係省庁タスクフォース(農林水産省、林野庁、資源エネルギー庁、環境省、国土交通省)と連携して、分散型エネルギーインフラプロジェクトを推進しています。

地方公共団体における分散型エネルギーインフラ事業の実現に向けたハンドブック

 事業化の成功要因又は阻害要因などを分析する策定済マスタープランの総点検や地域の特性に応じたモデル構築を行い、これにより得られた知見を集約してハンドブックを作成しました。分散型エネルギーインフラ事業構築に向け、これまで取り組んできた経験のない団体においても、その手順や効果、ノウハウをご理解いただける内容となっておりますので是非ご活用ください。

募集通知

過去の交付状況

地域エネルギーシステム活用対象関係施策

ページトップへ戻る