総務省トップ > 政策 > 白書 > 28年版 > 統計から見るインバウンド需要のインパクト
第1部 特集 IoT・ビッグデータ・AI〜ネットワークとデータが創造する新たな価値〜
第4節 外国人から見た日本のICT・文化 

1 外国人から見た日本のICT・文化

(1)統計から見るインバウンド需要のインパクト

初めに統計情報から訪日外国人の状況について概観する。我が国を訪れる訪日外国人は年々増加しており、2015年は訪日外国人旅行者数が1974万人に達し、これまでの最高数を記録した(図表3-4-1-1)。

図表3-4-1-1 訪日外国人旅行者数の推移
(出典)観光庁 訪日外国人の消費動向1及びJNTO訪日外客数の動向
「図表3-4-1-1 訪日外国人旅行者数の推移」のExcelはこちらEXCEL / CSVはこちら

訪日外国人による経済へのインパクトについては、第1章第2節においても取り上げたが、国際収支統計の旅行収支から見ても、2015年は53年ぶりに受取が支払を上回る特徴的な年となった(図表3-4-1-2)。

図表3-4-1-2 我が国の旅行収支の推移
(出典)財務省 国際収支統計
「図表3-4-1-2 我が国の旅行収支の推移」のExcelはこちらEXCEL / CSVはこちら

政府は、訪日外国人旅行者数が当初目標の2,000万人の達成が視野に入ったことを受け、2016年3月、「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」において、2020年に訪日外国人旅行者数を2015年の2倍の4,000万人、消費額は2015年の2倍を超える8兆円とする新たな目標値を公表した2



1 観光庁「訪日外国人の消費動向 平成27年 年次報告書」
http://www.mlit.go.jp/common/001126531.pdfPDF

2 「明日の日本を支える観光ビジョン」概要PDF http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kanko_vision/pdf/honbun.pdfPDF

テキスト形式のファイルはこちら

ページトップへ戻る